OKRと1on1の支援ツール「WAKUAS」の実装機能が特許を取得しました!

~WAKUAS(ワクアス)はOKRに基づく目標管理と1on1での対話を支援するクラウドサービスです~

 

企業のパフォーマンスマネジメント変革を支援する株式会社アジャイルHR(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松丘啓司)が提供するクラウドサービス「WAKUAS」の実装機能が特許を取得しました。

 

特許の対象となった機能は、OKRの共有」に関するものです。「OKRの共有」機能によって、1つのOKR(目標)に対して、複数名のオーナーを設定して運用することができます。それによって、組織内で共通の目標達成に向けた縦・横の柔軟な連携が可能になります。

 

詳細は以下のとおりです。

 

特許第7154641号

発明の名称 情報処理装置、情報処理システムおよび情報処理方法

 

■WAKUASの概要

WAKUASはOKRと1on1を組み合わせたマネジメントによって、人と組織のパフォーマンス向上を支援するクラウドサービスです(HRテクノロジー大賞2018奨励賞、ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2022基幹業務系ASP・SaaS部門経営改革貢献賞 受賞)。

■「OKRの共有」機能とは

OKRに基づく目標管理を組織で運用する際に、「OKRの共有」はたいへん便利な機能です。下記のようなOKRの共有を行おうとする場合、共有機能がシステム上、実装されていることが必須となります。

 

➀社長と役員、部長と副部長など、縦のラインでOKRを共有できます。

➁部門を超えた担当者間でもOKRを共有できます。

➂共有者がOKRを変更すると自動的に同期されます。

➃自分のOKRを上位OKRに関連付ける際は、共有者のどちらに関連付けても同じ結果となります。

■今後の予定

株式会社アジャイルHRでは、WAKUASの機能を今後もバージョンアップし続けていきます。WAKUASの詳細につきましては、プロダクトサイトをご覧ください。

https://wakuas.com/

 

■アジャイルHRについて

株式会社アジャイルHRは、新時代のパフォーマンスマネジメントとキャリアマネジメントの実現を支援する会社です。OKRと1on1をサポートするクラウドサービス「WAKUAS」を中軸に、OKR・1on1・キャリア開発等に関する研修サービス、360度フィードバック・エンゲージメントサーベイの導入支援、人事制度改革のコンサルティングサービスを提供しています。

 

(代表者:松丘 啓司)

東京大学法学部卒業後、アクセンチュア入社。同社のヒューマンパフォーマンスサービスライン統括パートナーを経て、2005年に企業の人材・組織変革を支援するエム・アイ・アソシエイツ株式会社を設立し代表取締役に就任(現任)。2018年に株式会社アジャイルHRを設立し代表取締役に就任

著書「1on1マネジメント」(2018年)はピープルマネジメントの教科書として多くの企業で活用されている。「人事評価はもういらない」(2016年)は人事だけでなく一般の読者にも広く読まれるベストセラーとなった。

 

■お問い合わせ先

株式会社アジャイルHR

〒107-0062

東京都港区南青山5-4-6-503

電話:03-6452-6115

E-mail: info@agilehr.co.jp

URL : https://agilehr.co.jp/

アジャイルHRのWAKUAS(旧名称:1on1navi)が『第16回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2022』において、経営改革貢献賞を受賞いたしました。

企業のパフォーマンスマネジメント変革を支援する株式会社アジャイルHR(本社:東京都港区 代表取締役:松丘啓司、以下アジャイルHR  https://agilehr.co.jp/)が提供するWAKUAS(旧名称:1on1navi)は、一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(略称:ASPIC)主催の「第16回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2022」基幹業務系ASP・SaaS部門において、「経営改革貢献賞」を受賞しました。

◇IoT・AI・クラウドアワードについて

IoT・AI・クラウドアワードは、国内のIoT・AI・クラウド関連業界の活性化、市場調査、情報基盤の確立、企業の生産性向上、さらに日本経済の発展に寄与することを目的としています。各賞の決定にあたっては、総務省をはじめとする後援団体、各分野の有識者から構成された審査委員会により審査を行い決定されております。

詳細はこちらをご参照ください:

https://www.aspicjapan.org/event/award/16/index.html

 

◇WAKUAS(旧名称:1on1navi)について

OKRと1on1をPCとスマホで常に確認できるクラウドサービスです。

OKRと1on1をセットにして常に意識することで、エンゲージメントを高め、人も組織もパフォーマンスを向上することが期待できます。また、導入に当たって、パッケージ化されたコンサルティングや研修サービスを提供するため、アジャイルな導入が可能です。

 

詳細はこちらをご参照ください:

https://wakuas.com/

 

◇株式会社アジャイルHR 会社概要
株式会社アジャイルHRは、企業におけるパフォーマンスマネジメント変革を支援することをミッションとして設立されました。OKRと1on1をサポートするクラウドサービス「WAKUAS」を中軸に、マネジメント研修や評価制度刷新のコンサルティングなどを含めて、パフォーマンスマネジメントの変革を総合的に支援しています。
・所在地:東京都港区南青山5-4-6-503
・設立日:2018年10月31日
・代表者:松丘啓司
・事業内容:HRテクノロジーサービス、コンサルティング、企業研修等
・URL:https://agilehr.co.jp/

◇お問い合わせ先
株式会社アジャイルHR
〒107-0062
東京都港区南青山5-4-6-503
電話:03-6452-6115
E-mail: info@agilehr.co.jp

アジャイルHRの1on1naviがWAKUAS(OKRと1on1のクラウドサービス)としてリニューアル 

~「やらされ目標」廃止。OKRと1on1のクラウドサービスWAKUAS、誕生~

 

企業のパフォーマンスマネジメント変革を支援する株式会社アジャイルHR(本社:東京都港区 代表取締役:松丘啓司、以下アジャイルHR  https://agilehr.co.jp/)はOKR×1on1を支援するクラウドサービス WAKUASの提供を2022年11月24日より開始します。

WAKUASは2018年より提供していた1on1naviをリニューアルしたものです。

1on1naviはHRテクノロジー大賞において奨励賞を受賞。これまでにも数々の企業様で利用されてきました。OKRと1on1をセットにしたクラウドサービスの特性をより強調するために、この度、ネーミングとサービスをリニューアルいたしました。開始にあたり、OKR導入診断のついた資料を無料でご提供しています。(ウェブサイトに詳細あり)

 

【新プロダクトサイト】

https://wakuas.com/

 

【背景】

OKRや1on1を導入する企業は増えています。しかし、その定着や活用に苦労している企業も少なくはありません。そのような中、OKRと1on1を定着、活用できるサービスとして、WAKUASはリニューアルしました。OKRと1on1をセットにして、アプリで常に意識することで、エンゲージメントを高め、人も組織もパフォーマンスを向上することが期待できます。また、導入に当たって、パッケージ化されたコンサルティングや研修サービスを提供するため、アジャイルな導入が可能です。

WAKUASは「わくわくする明日」をイメージしており、自律的に目標を決めるOKRと、その目標へのコミットメントを高める1on1を通じて、従業員のエンゲージメントを向上させることを目指しています。

 

以下のような課題をお持ちの人事や経営者のみなさま、ご興味ございましたらぜひお問い合わせ下さい。
・OKRの導入を検討しているが、わからないことが多い。

・目標管理について現場との温度差を感じる。

・1on1が形だけになっている。

・とにかく一刻も早く、パフォーマンスをあげていきたい。

【WAKUAS・概要】
OKRと1on1をPCとスマホで常に確認できるクラウドサービス。導入から定着までをコンサルティングでサポートします。
(特徴)
(1)アプリを使ってOKRと1on1をリアルタイムに
OKRと1on1を常に共有しながら仕事を進めることができます。毎日をしっかりと振り返ることができ、リアルタイムでフィードバックが受けられるので、目標達成に向けて適切に動くことができます。OKRが飾りの目標にならず、1on1が形式だけにならず、習慣化していきます。
(2)OKRの導入をアジャイルに

アプリだけでなく、OKRの導入コンサルティングからスタート。豊富な経験を持つコンサルタントが、パッケージ化されたプログラムに基づき、それぞれの会社に合った形でOKRを無理なく導入するお手伝いを素早く行なっていきます。

(3)1on1 をチームで共有

上司とだけでなく、チームで1on1を共有。チームメンバーからもフィードバックがもらえます。それによって、個人のエンゲージメントが自然と上がっていく仕組みです。

(4)評価制度、目標管理、エンゲージメントツールまでワンストップで

OKR、1on1はもちろん、360度フィードバック、エンゲージメントサーベイ、キャリア研修、人事制度まで、必要なコンテンツがパッケージ化されたおり、ワンストップですべての構築が可能です。
(5)アジャイルにOKR中心の組織へ
フィードバックと修正を繰り返しながら、導入から定着までを約1年で、アジャイルに進めます。

■株式会社アジャイルHR 会社概要
株式会社アジャイルHRは、企業におけるパフォーマンスマネジメント変革を支援することをミッションとして設立されました。OKRと1on1をサポートするクラウドサービス「WAKUAS」を中軸に、マネジメント研修や評価制度刷新のコンサルティングなどを含めて、パフォーマンスマネジメントの変革を総合的に支援しています。
・所在地:東京都港区南青山5-4-6-503
・設立日:2018年10月31日
・代表者:松丘啓司
・事業内容:HRテクノロジーサービス、コンサルティング、企業研修等
・URL:https://agilehr.co.jp/

◇お問い合わせ先
株式会社アジャイルHR
〒107-0062
東京都港区南青山5-4-6-503
電話:03-6452-6115
E-mail: info@agilehr.co.jp

【プレスリリース】エム・アイ・アソシエイツ株式会社の吸収合併のお知らせ

~企業におけるパフォーマンスマネジメントとキャリアマネジメントの一貫したサービスを提供~

 

企業のパフォーマンスマネジメント変革を支援する株式会社アジャイルHR(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松丘啓司)は、企業向けキャリア研修等を主力サービスとするエム・アイ・アソシエイツ株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松丘啓司)を2022年8月26日に吸収合併し、パフォーマンスマネジメントとキャリアマネジメントの一貫したサービス提供体制を整備しました。

 

■合併の趣旨

エム・アイ・アソシエイツ株式会社(代表取締役 松丘啓司)は2005年7月の創業以来、キャリアマネジメントを中軸として事業を営んで参りましたが、2018年10月にパフォーマンスマネジメント事業を専業とする株式会社アジャイルHR(代表取締役 松丘啓司)を設立し、別会社として事業開発を行って参りました。

この度、株式会社アジャイルHRの事業基盤が確立してきたことから、①パフォーマンスマネジメントとキャリアマネジメントの一貫したサービス提供と、②事業のより効率的な運営を実現し、お客様に対するより良いサービス提供を可能とするために、両社を合併して一つの会社にすることとしました。

 

■合併の方法

株式会社アジャイルHRを存続会社として吸収合併を行い、エム・アイ・アソシエイツ株式会社の権利義務全部を株式会社アジャイルHRに承継します。合併の効力発行日は2022年8月26日(金)です。

 

■合併後のサービス

株式会社アジャイルHRではOKRによる目標設定と1on1による対話を通じて、企業の業績向上を実現する「パフォーマンスマネジメント」を支援するためのクラウドサービス(1on1navi)と研修・コンサルティングサービスを提供して参りました。

一方、企業で働く個人にとっては、目標設定(OKR)⇒アクション⇒振り返り(1on1)というサイクルが自分自身のキャリア開発に結び付いていると実感できることによって、目の前の仕事に打ち込めるようになります。

それによって個人の「エンゲージメント」(仕事に対するポジティブな心理状態)が高まり、企業のパフォーマンス向上に繋げられれば、「個人の成長」と「業績の向上」の好循環を生み出すことが可能になります。

株式会社アジャイルHRでは合併を機に、パフォーマンスマネジメントとキャリアマネジメントの一貫的したサービスを提供して参ります(図参照)。

 

■アジャイルHRについて

株式会社アジャイルHRは、企業におけるパフォーマンスマネジメント変革を支援することをミッションとして設立されました。OKRと1on1をサポートするクラウドサービス「1on1navi」(https://1on1navi.com/)を中軸に、マネジメント研修や評価制度の刷新のコンサルティングなどを含めて、パフォーマンスマネジメントの変革を総合的に支援しています。

 

■お問い合わせ先

株式会社アジャイルHR

〒107-0062

東京都港区南青山5-4-6-503

電話:03-6452-6115

E-mail: info@agilehr.co.jp

URL : https://agilehr.co.jp/

アジャイルHRは東京大学と共同研究・開発した「マネジメントコンピテンシー診断」を2022年7月より販売開始 ~株式会社NEWONEと提携して管理職層向け研修等に導入~

企業のパフォーマンスマネジメント変革を支援する株式会社アジャイルHR(本社:東京都港区 代表取締役:松丘啓司、以下アジャイルHR  https://agilehr.co.jp/)は国立大学法人東京大学大学院医学系研究科川上憲人教授の研究室が共同研究・開発した、部下のエンゲージメントを向上させる能力や行動を管理職が自己評価できる調査票に基づいた「マネジメントコンピテンシー診断」を、2022年7月より提供を開始します。

同時に、人材育成・組織開発サービスを提供する株式会社NEWONE(本社:東京都千代田区 代表取締役:上林周平、以下NEWONE  https://new-one.co.jp/)と販売面で提携して、管理職層に向けた研修等に導入しご提供して参ります。

 

【背景】

人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる経営の在り方である「人的資本経営」が昨今注目されています。

このような流れの中、自社の企業価値を高める要素の一つとして、従業員エンゲージメントに対する取り組みの重要性は更に高まっており、エンゲージメントの現状を可視化するサーベイの導入は多くの企業でなされているようです。

ただ、サーベイを実施するだけに留まって、数値向上のためのアクションが不足していることも多く聞かれるため、従業員エンゲージメントに最も影響を及ぼす管理職のマネジメント行動の変革支援をすべく、この度、「マネジメントコンピテンシー診断」を株式会社NEWONEとともに販売開始することにいたしました。

 

以下のような課題をお持ちの人事や経営者のみなさま、ご興味ございましたらぜひお問い合わせ下さい。

・エンゲージメントサーベイを導入しているが、数値向上のためのアクションが不足していると感じている

・マネジャーの行動変革を促進したいが、多大な労力とコストをかけるのではなく、アジャイルに展開したい

 

【マネジメントコンピテンシー診断・概要】

部下のエンゲージメントを高める管理職のマネジメント能力や行動(マネジメントコンピテンシー)を、管理職が自己評価することを支援する目的で、アジャイルHRと東京大学(川上研究室)の産学共同研究により開発されました。

 

(特徴)

  • 使用の簡便さ

合計27項目の診断で、5分以内で回答ができ、簡便に使用できます。

  • 測定の包括性

管理職にとって重要なマネジメントコンピテンシーを、10の尺度で包括的に測定することができます。測定されるマネジメントコンピテンシーの種類は、今日の経営学、組織心理学などの最新の動向を考慮して選定されています。

  • 科学的な手順により作成

幅広い項目プールから統計的手法により選ばれた項目で尺度構成され、その精度(信頼性および妥当性)が十分であることが国際標準の手順で確認されています

  • 全国基準との比較

各尺度の得点を全国標準と比較し、「合格」(平均以上)、「優秀」(トップ25%)を判定することが可能です。

  • アドバイスコメントとの連携

各尺度について、これを向上させるためのヒントを与えるアドバイスコメントを作成し、判定結果と連携して使用できます。

 

■株式会社アジャイルHR 会社概要

株式会社アジャイルHRは、企業におけるパフォーマンスマネジメント変革を支援することをミッションとして設立されました。OKRと1on1をサポートするクラウドサービス「1on1navi」を中軸に、マネジメント研修や評価制度の刷新コンサルティングなどを含めて、

パフォーマンスマネジメントの変革を総合的に支援しています。

・所在地:東京都港区南青山5-4-6-503

・設立日:2018年10月31日

・代表者:松丘啓司

・事業内容:HRテクノロジーサービス、コンサルティング、企業研修等

・URL:https://agilehr.co.jp/

 

■株式会社NEWONE 会社概要

「他にはない、新しい(new one)価値を生み出す」を社名に掲げ、エンゲージメントをテーマに、「個人の意識変革」と「関係性の向上」を中心とした企業向けコンサルティング、人材育成・組織開発を提供。Softbank、カゴメ、三菱地所ホームをはじめ、多数の企業様の支援を実施しています。

・所在地:東京都千代田区隼町2-19-4F

・設立日:2017年9月1日

・代表者:上林周平

・事業内容:コンサルティング、企業研修・組織開発等

・URL:https://new-one.co.jp/

 

■お問い合わせ先

株式会社アジャイルHR

〒107-0062

東京都港区南青山5-4-6-503

電話:03-6452-6115

E-mail: info@agilehr.co.jp

 

【プレスリリース】アジャイルHRと東京大学が「部下のエンゲイジメント向上のための管理職のマネジメントコンピテンシー調査票」を開発

~オンライン1on1ツールを用いたマネジャーの行動促進による部下のエンゲイジメント向上機能の実装を開始~

 

企業のパフォーマンスマネジメント変革を支援する株式会社アジャイルHR(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松丘啓司)は、オンライン1on1ツールを用いたマネジャーの行動促進による部下のエンゲイジメント向上機能に関する共同研究を、国立大学法人東京大学大学院医学系研究科川上憲人教授の研究室(精神保健学分野)と2021年6月より行ってきましたが、機能の核心となる調査票が完成したため今後、実装を開始します。

 

■目的

部下のエンゲイジメント向上のための管理職のマネジメントコンピテンシー調査票は、部下のエンゲイジメントを高める管理職のマネジメント能力や行動(マネジメントコンピテンシー)を、管理職が自己評価することを支援する目的で、株式会社アジャイルHRと東京大学(川上研究室)の産学共同研究により作成されました。

 

■特徴

(1)使用の簡便さ

調査票は合計27項目と通常5分以内で回答でき、簡便に使用できます。

 

(2)測定の包括性

管理職にとって重要なマネジメントコンピテンシーを、10の尺度で包括的に測定することができます。測定されるマネジメントコンピテンシーの種類は、今日の経営学、組織心理学などの最新の動向を考慮して選定されています。

 

(3)科学的な手順により作成されたこと

調査票は、幅広い項目プールから統計的手法により選ばれた項目で尺度構成され、その精度(信頼性および妥当性)が十分であることが国際標準の手順で確認されています。

 

(4)全国標準との比較

各尺度の得点を全国標準と比較し、「合格」(平均以上)、「優秀」(トップ25%)を判定することが可能です。

 

(5)アドバイスコメントとの連携

各尺度について、これを向上させるためのヒントを与えるアドバイスコメントを作成し、判定結果と連携して使用できます。

 

■今後の予定

株式会社アジャイルHRでは、共同研究の成果をマネジメントコンピテンシーの診断システムとして実装する予定です。

それによって、管理職の人材開発に利用できる他、エンゲイジメントサーベイとあわせて実施することで、エンゲイジメント向上のためのアクションプランの作成を支援するといった活用方法も可能になります。

 

■アジャイルHRについて

株式会社アジャイルHRは、企業におけるパフォーマンスマネジメント変革を支援することをミッションとして設立されました。OKRと1on1をサポートするクラウドサービス「1on1navi」(https://1on1navi.com/)を中軸に、マネジメント研修や評価制度の刷新のコンサルティングなどを含めて、パフォーマンスマネジメントの変革を総合的に支援しています。

(代表者:松丘 啓司)

東京大学法学部卒業後、アクセンチュア入社。同社のヒューマンパフォーマンスサービスライン統括パートナーを経て、2005年に企業の人材・組織変革を支援するエム・アイ・アソシエイツ株式会社を設立し代表取締役に就任(現任)。2018年に株式会社アジャイルHRを設立し代表取締役に就任

著書「1on1マネジメント」(2018年)はピープルマネジメントの教科書として多くの企業で活用されている。「人事評価はもういらない」(2016年)は人事だけでなく一般の読者にも広く読まれるベストセラーとなった。

 

■お問い合わせ先

株式会社アジャイルHR

〒107-0062

東京都港区南青山5-4-6-503

電話:03-6452-6115

E-mail: info@agilehr.co.jp

URL : https://agilehr.co.jp/

2021年9月22日(水)13:30~15:30【共催セミナー】経営幹部向け戦略人事セミナー「会社ミッションを個人別に自律的に進めさせるための仕組みづくり」

日本企業におけるマネジャーの大半は、本来は部下が行うべき仕事の一部を担っている「プレイングマネジャー」です。プレイングマネジャーが生まれる構造的な要因は何か、また、コロナショックを契機とした働き方新時代において、マネジャーに求められる役割は何か。本セミナーではマネジャーを取り巻く課題を整理した上で、プレイングマネジャーからプロフェッショナルマネジャーに転換するためのアプローチを提示します。

また、事業目標をミドルが自律的に実現する活動を促すために、OKR(Objectives and Key Results)の手法を用いた組織マネジメント変革の事例についてもご紹介します。ITを活用した目標の連動性や進捗の可視化の有効性と、仕組みの導入を成功に導くポイントについても解説していきます。

本セミナーは、先進的な人事制度構築に特化したコンサルティング会社セレクションアンドバリエーション株式会社と、OKR/1on1を支援するクラウドサービス(1on1navi)を提供する株式会社アジャイルHRのコラボレーションによってお届けします。

※詳細はこちらよりご覧ください。

株式会社アジャイルHRは東京大学との共同研究を開始しました

オンライン1on1ツールを用いたマネジャーの行動促進による部下のエンゲイジメント向上機能に関する共同研究開始のお知らせ

 

企業のパフォーマンスマネジメント変革を支援する株式会社アジャイルHR(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松丘啓司)は、オンライン1on1ツールを用いたマネジャーの行動促進による部下のエンゲイジメント向上機能に関する共同研究を、国立大学法人東京大学大学院医学系研究科川上憲人教授の研究室(精神保健学教室)と本年6月より開始しました。

 

■背景

多くの企業において、管理職のマネジメント変革の取り組みが行われています。マネジャーが業績管理に偏重するのではなく、メンバー1人ひとりのワーク・エンゲイジメント(注1)を高める支援を行うことで個人と組織のパフォーマンスを向上させることをねらいとして、管理型から支援型のマネジメントへの転換が図られようとしています。

 

そのような支援型のマネジメントを実践する場として、上司と部下の頻繁な対話の場となる1on1(ワン・オン・ワン)を制度として導入する企業も増加しています。新型コロナウィルス感染症の拡大や、それを契機としたリモートワークの増加に伴って、マネジャーとメンバーの密なコミュニケーションによる、1人ひとりのメンバーのケアや動機付けの必要性がさらに高まっています。

 

株式会社アジャイルHRでは、これまで企業内での1on1を効果的に運用することを支援するクラウドサービス「1on1navi」の提供や、マネジャーとメンバーの双方に対する1on1研修の提供を行ってきました。しかしマネジャーのマネジメント力の向上を図るためには、研修という限られた機会だけでなく、日常的にマネジャー1人ひとりの課題解決を支援する機会をより増やすことが必要とされます。

 

現場においてマネジャーへの支援を提供するには、テクノロジーを活用することが効果的です。そこで、川上教授の研究室におけるワーク・エンゲイジメントやマネジメントコンピテンシーに関する学術的な知見と、当社における1on1やピープルマネジメントの実務的な経験を組み合わせて、マネジャーの課題に応じたアドバイスやフィードバックのアルゴリズムの開発に取り組むこととしました。

 

その成果をもとに、当社においてHRテクノロジーを用いた、マネジャーに対するレコメンデーションシステムを開発する予定です。

 

■共同研究の概要

  1. 目的

オンライン1on1ツール(1on1navi)に、部下のエンゲイジメントを高める上司の行動を促進するための、セルフアセスメントおよび行動促進システムを追加します。そのための技術開発を行います。

 

  1. 期間

2021年6月から2022年3月

 

  1. 研究内容

技術開発の主な内容は以下のとおりです。

・部下のエンゲイジメントを高める上司の行動に関するセルフアセスメント調査票を開発し、判定基準を設定

・セルフアセスメントに基づいて上司に望ましい行動のアドバイスを行い、その行動を促進するためのシステム要件を識別

 

(注釈)

注1:ワーク・エンゲイジメント

仕事でのポジティブな気持ちのこと。日々の仕事の中で、楽しいと感じたり、幸せに思ったりする前向きな気持ちを指す。ワーク・エンゲイジメントの向上には、従業員のパフォーマンスを高める等の効果がある。

 

■アジャイルHRについて

株式会社アジャイルHRは、企業におけるパフォーマンスマネジメント変革を支援することをミッションとして設立されました。1on1やOKRをサポートするクラウドサービス「1on1navi」(https://1on1navi.com/)を中軸に、マネジメント研修や評価制度の刷新のコンサルティングなどを含めて、パフォーマンスマネジメントの変革を総合的に支援しています。

(代表者:松丘 啓司)

東京大学法学部卒業後、アクセンチュア入社。同社のヒューマンパフォーマンスサービスライン統括パートナーを経て、2005年に企業の人材・組織変革を支援するエム・アイ・アソシエイツ株式会社を設立し代表取締役に就任(現任)。2018年に株式会社アジャイルHRを設立し代表取締役に就任

著書「1on1マネジメント」(2018年)はピープルマネジメントの教科書として多くの企業で活用されている。「人事評価はもういらない」(2016年)は人事だけでなく一般の読者にも広く読まれるベストセラーとなった。

 

■お問い合わせ先

株式会社アジャイルHR

〒107-0062

東京都港区南青山5-4-6-503

電話:03-6452-6115

E-mail: info@agilehr.co.jp

URL : https://agilehr.co.jp/

2021年5月14日(金)13時〜16時:アクセンチュア・アジャイルHR共催ウェビナー【変質する時代における人材マネジメント】ゲスト:経済産業省 産業人材課長 能村氏・丸紅執行役員人事部長 鹿島氏

新型コロナウィルス感染症の問題を契機として、企業活動にはこれまでにない大きな変化が求められています。「人が資本」と言われて久しく経ちますが、この変化を牽引する原動力は「人」に他なりません。

そこで、「変質する時代における人材マネジメント」はいかにあるべきかをテーマに、Withコロナを1年余り経験したこのタイミングで、アクセンチュアとアジャイルHRはウェビナーを共同開催する運びとなりました。

本ウェビナーでは、日本の産業人材政策を担っている経済産業省産業人材課長 能村幸輝様と、進歩的な人事施策を次々と打ち出されている丸紅の執行役員人事部長 鹿島浩二様をお招きして、HRエグゼクティブコンソーシアム代表 楠田祐様の司会によるパネルディスカッションも予定しています。

新たな人材戦略への示唆を数多くお届けしたいと考えていますので、ぜひご予定ください。

 

【セミナー詳細】

日時:2021年5月14日(金)13時〜16時

対象:人材マネジメント革新を課題とする企業の経営層、人事部門

※同業他社様からのご参加は、お断りさせていただいております。

※ご登録の際はかならず会社のメールアドレスをご入力ください。

参加費:無料

定員:なし

会場:オンライン

※ご登録いただいた方にZoomのURLをメールでお送りします

 

詳細は以下のリンクをご覧ください。

https://1on1navi.com/2021/03/24/aa_co_webiner_20210514/